家を購入する際に不動産屋に支払う仲介手数料はいくら?

不動産に払う仲介手数料とは

>

物件購入時にかかる仲介手数料は何なのか、いくらかかるのか

確認したいポイント

まずは、仲介手数料の金額です。
物件価格によって上限があり、多くの不動産仲介会社は上限額で設定していますが、必ず上限額でなければいけないというわけではありません。
また、仲介手数料には広告費なども含まれています。
不動産仲介会社から、特別な場合を除いて仲介手数料以外の費用を請求されたときは支払わないようにしましょう。
物件購入時には、登記の手続きも必要なので登記費用も発生しますので、不動産仲介会社の担当者の仲介手数料以外の見積もりもしっかりとお願いしましょう。
仲介手数料は契約が成立したら発生しますが、その後ローンが組めなかったなどの理由で契約後でも仲介手数料が戻ってくることがありますので、前もって返金される条件や、返金されない場合の条件を確認しておきましょう。
最後は、仲介手数料を支払う時期や支払方法は必ず確認しておくことです。

不動産仲介会社の担当者に確認すること

数多くの不動産仲介会社がありますが、取引は法律にそっておこなわれています。
とはいえ、物件購入時には不安なこと疑問点など必ず確認をし、納得してから契約するようにしましょう。
なので、仲介手数料がよくわからないという場合も、仲介手数料は、あくまでも不動産仲介会社に対する成功報酬であり、金額は上限が設定されているということは覚えておきましょう。
また、売り手が直接販売するときには仲介手数料は発生しないということと、最近では仲介手数料無料や、割引も可能であるということも把握しておきましょう。
これを踏まえて、不動産仲介会社と話をし、疑問に思ったら確認していくようにしましょう。
そして、必ず支払方法・支払時期・返金について確認するようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る