家を購入する際に不動産屋に支払う仲介手数料はいくら?

不動産に払う仲介手数料とは

>

いつ、どのように支払うのか・安くなるのか

支払方法とタイミング

前もって不動産会社へ確認しておきたほうがいいことは、仲介手数料の支払が現金払い以外にも対応しているかということです。
物件によっては100万円を超えるであろう仲介手数料を現金で持ち運ぶのは怖いです。
なので、事前に確認しておきましょう。
最近では、現金払いの他に振込だけでなく、クレジット対応している会社もあります。
また、仲介手数料を払うタイミングですが、支払う義務が発生するのは、契約が成立して初めて発生します。
とはいえ、契約が成立しても、物件の引き渡しまでに時間がかなりあいてしまう場合などは、契約成立のときと物件引き渡しのときと2回に分けて仲介手数料を支払う場合もあります。
しかし、支払方法や、支払うタイミングは不動産会社によって異なりますので、事前の確認が必要です。

仲介手数料が安くなる場合

仲介手数料は、売り手と買い手の間に入って契約までサポートしてくれたことに対する不動産会社への報酬となり、不動産会社の収益になります。
しかし、不動産会社によっては、この収益である仲介手数料を、無料・半額とうたっているところもあります。
その仕組みはどうなっているかというと、不動産会社は、売り手と買い手両方から依頼を受けて契約が成立となった場合、仲介手数料は売り手・買い手の両方から受け取ることができます。
この、売り手・買い手両方の仲介手数料を受け取ることができる場合、売り手から仲介手数料を受け取り、広告費などの経費を削減していくことで、買い手が払う仲介手数料を無料や割引できるという仕組みです。
なので、売り手・買い手の不動産会社が違う場合は難しいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る