家を購入する際に不動産屋に支払う仲介手数料はいくら?

不動産に払う仲介手数料とは

>

家を買うときに必要なお金

頭金・契約時諸費用

頭金は、目安としては、物件価格の2割を頭金で準備できたらいいでしょう。
家を購入するときにかかる諸費用の内容としては、申込証拠金・手付金・印紙税・仲介手数料・不動産取得税・固定資産税・登記費用があります。
申込証拠金は、不要な物件もありますが、目安としては2万円から10万円です。
手付金は、購入価格の5%から10%程度です。
契約が成立しなかった場合は戻ってきませんが、成立したときは代金の一部にあてられます。
印紙税は契約書に印紙を貼って支払う税金なので契約金額で金額は違います。
仲介手数料は、仲介会社に支払うもので物件価格によって違いますが上限はあります。
不動産取得税は、不動産を取得したときに1度だけ支払わなければならない税金です。
固定資産税は、1月1日の不動産所有者の対してかかる税金です。
登記費用は、不動産登記などを司法書士に依頼する場合の費用です。

ローン契約・その他費用

ローン契約時にも費用は発生します。
ローン契約書には印紙が必要です。
これも契約金額で印紙の金額がかわります。
ローンの借り入れ費用としては、事務手数料・ローン保証料・火災保険料などが必要ですが、金融機関やローン商品によって金額は違ってきます。
その他の諸費用としては、修繕積立金・水道負担金・引越費用・家具購入費用などです。
修繕積立費用は、新築マンション購入のときに支払う費用です。
地域・物件で違ってきますが20万円から40万円くらいです。
水道負担金は、水道を新たに利用するときに必要になる場合があります。
引越費用は、今の住居から新居へ引っ越す費用となり、引っ越すまでの仮住まいが発生するならその費用も必要です。
家具購入費用は、購入物件の為の家具・家電を新たに買い替えたときに発生する費用です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る